相続は弁護士に依頼しよう【頼れるプロ集団にお任せあれ!】

弁護士

トラブルをおこした時

弁護人

刑事弁護はスピードが大事とよく言われます。早めに弁護士を依頼することで、場合によっては示談に持ち込むことも可能になってきます。刑事事件に詳しい弁護士を選ぶのは大変ですが、知人に紹介を頼んだり、弁護士会に相談することもできます。

もっと読む

企業向けの支援サービス

本

名古屋で税理士事務所のサービスを利用するときには、確定申告や事業承継に向けたサポートを受けるのが一般的です。会計ソフトの導入や会計業務のアウトソーシングにも対応しているので、業務の効率化でも役立つでしょう。

もっと読む

遺産分割トラブルの裏側

女性

トラブル急増中

相続問題はお任せくださいと謳う弁護士や法律事務所が増加しています。実際相続や遺産分割に関するトラブルは急増していて、裁判所での取り扱い件数も増えています。それも富裕層ではなく一般家庭でのトラブルが増えていて、遺産分割事件の約半数が総資産額5,000万円以下なのだとか。相続でもめると様々な視点から解決策を考える必要が出てきます。人間関係、感情、税務、不動産、事業承継などなど。これらを一度に片づけなければならないため、弁護士によって大きく結果に差が出ます。そのため相続問題の経験が豊富な弁護士に依頼したいですね。ホームページから探すなら、相続について色々細かく解説している所が良いですね。また弁護士会に紹介してもらうのも良い方法です。頼れるプロ集団にお任せしましょう。

なぜここまで増えたのか

そもそもなぜここまで相続トラブルが増えたのでしょうか。不況の長期化により「もらう権利があるなら全てもらっておきたい」「長年親の介護をしてきたのだから多めにもらう権利がある」などといった権利意識が強くなったこと、また一般家庭は富裕層と異なり、日頃から相続について相談できる人が身近にいないことなどが挙げられます。終活ブームで遺言書を書く人が増えたのも一因と見られています。これも内容次第で揉める原因になるため、ただ書けばいいという物でもありません。他にも色々理由はありますが、これらの事から相続トラブルが増加し弁護士への相談件数も増加しました。そこに追い打ちをかけるように昨年1月、相続税の大改正(内容的には大増税)が行われたので、弁護士への相談件数は更に増えるでしょう。

不動産価格の上昇が顕著

法律書

日本では相続税が増税となり、従来よりも課税される層が増加しています。東京の不動産は一極集中の影響で不動産の価格が大幅に上昇しているので、税金対策は重要です。贈与や事業化によって節税を図ることは出来ますが、専門家のアドバイスのうえで実行することが必要です。

もっと読む